Silicon Valley Japan University

講師/授業テーマ紹介

桝本 博之 「シリコンバレーの生き抜き方を考察する」

B-Bridge International CEO, Founder
Silicon Valley Japan University 発起人

キーワード:人間力、グローバル力、コミュニケーション術
概要:日本の大企業での経験、アメリカのベンチャーでの経験、アメリカでの大企業での勤務経験を活かし、米国でベンチャー創業。学生時代から海外に興味を持っていた者が、如何にベンチャーの聖地であるシリコンバレーで働くに至り、そこで企業をしたかの経験談を元に、如何にして人間力を養い、あまり得意とは言えない英語を駆使して国際的なコミュニケーションを図り、人間力を養うかを考察する。

佐藤 公一 「日米大学・日米企業の違いと考え方」

MagicLeap, Inc.

キーワード:大学、大企業、ベンチャー、立場と考え方
概要:日米の大学、日米の企業、大企業、ベンチャーでの経験から、それぞれの特色、仕事のやり方や生活の違いを説明する。そして、真のグローバル人材として必要な、「様々な文化や考え方への理解」を学ぶ。さらに、自分が人生のゴールに向けて何を吸収して、どう成長していけばいいかを学生と共に考察する。

本田 勝裕 「セルフコーチングとポジティブ・フィードバック」

有限会社ポンタオフィス President、甲南大学非常勤講師

キーワード: キャリアデザイン、キャリアディベロップメント、組織心理学、コーチング、ソリューションフォーカス、アクティブラーニング、グローバルキャリア、自分マーケティング
個人と組織の個性関係性分析や、キャリアデザインの多元性と多様性の解説に基づき、キャリアデザインにおける自己と社会の接点の見つけ方などを実践的に学ぶ。特に新入生の学習動機づけに力を注いでいる。

池野 文昭 「シリコンバレーにおけるアカデミアキャリア」

スタンフォード大学 主任研究員
Co-Founder at US-Japan Med Tech Frontiers

キーワード:医療機器、デザイン思考、産学協同、トランスレーショナル医学
日本での僻地医療を含め9年間の臨床医として、高齢者を中心とした全人的医療を経験した後、世界の最先端シリコンバレーに移住し、研究、教育、ビジネスに従事。将来の日本に対し、今、我々が何をしなければならないかを、医療機器という切り口により、アカデミアの立場、視点から人中心のデザイン思考を取り入れ、若者とディスカッションをする。

坪田 駆 「ドイツ企業がシリコンバレーで学んだ本当に大切なこと」

SAP-Principal, SAP Labs Silicon Valley

キーワード:エコシステム、イノベーション、デザインシンキング
概要:創業45年の老舗IT企業である独SAPが、シリコンバレー流のデザイン思 考を企業文化に取り込みながら、直近の5年であらゆる財務指標を2倍以上成 長させた秘訣を紐解く。 シリコンバレーに所在する独SAPの現地法人、 SAP Labs Silicon Valleyには、年間1,300名を超える日本企業の変革リーダーが 殺到している。シリコンバレー最大の外資系企業として4,000人の従業員を 抱え、ここで生まれた新規事業が短期間での爆発的な成長をけん引した。 鍵になったのはデザイン思考をはじめとした、3つのフレームワーク(People, Place, Process)。これを汎用化して紐解くことで、既存事業と新規事業の 両立に悩む日本のリーダーに、破壊的イノベーションを自社に起こすヒントを 提供する。

スウェイン 純子 「米国ベンチャー企業でのキャリアアップ術」

VP, Corporate Controller & Treasurer at Upwork

キーワード:ファイナンス戦略、シリコンバレーキャリアアップ、グローバル社会、将来の”働き方”、キャリアプランニング
概要:日本の短大卒業後、日本の企業に就職。楽しいながらも将来の”女性の働き方、選択権、自立“に 疑問を持ち、渡米。 デロイトトーマツでの米国公認会計士時代の経験やその後、eBay、Apple、 その他のスタートアップ企業での経験話を通して、報酬制度、 そして会社それぞれのカルチャーとサバイバル術を学生と考察する。

小野孝太郎

Founder & CEO at EDTECH LABORATORY

キーワード:教育、シリコンバレーでの気づき、人生のミッション
「心が強くて優しいリーダーをたくさん育てる」 を人生のミッションとし、  2015年に21年エンジニアとして働いたOracle(米国本社勤務)を辞職。  2016-18年は、ミッション実現のために自分ができることからということで、Teach For Japanの4期フェローとして福岡県で小学校の教師(担任)に。現在、ED Tech Laboratory, MVP Tech Laboratory CEO 。  人は、生きる意味を考えながら、できることからコツコツ行動することで、目の前に転がってくるたくさんのチャンスに気がつくことができると信じている。  一度しかない人生を後悔のないものにするために、 人生のミッションを考える力をつける。  短期的にも長期的にも「なりたい自分」を考える力をつける。 「なりたい自分」が決まったら、 そこに向かって、「できるまでやる。」  福岡で縁あって関わった子どもたちには、 
・「なりたい自分」を考える力をつけるために勉強している。
  ・「できるまでやればできる。」 を伝え続けてきた。 
 これから自分自身もそのように行動し続け、 子どもたちに背中を見せられるようになりたいと思う。 

Dr. Arthur Chait 「How to do Pitch in Silicon Valley」

Adjunct Professor, Entrepreneurship, Technology and Innovation; at Notre Dame University and Menlo College

キーワード:起業、ピッチ、スタートアップ、CEO
概要:Menlo大学との提携により、新たに追加される英語によるレクチャー。EoPlex Inc.創設者兼元CEO。現在提携先であるMenlo College非常勤講師として起業家キャップストーンプログラムを教える。またNotre Dame大学にて、起業、イノベーション、テクノロジー分野におけるMBAを教え、スタンフォードStartXインキュベーター、Draper大学、またサンタクララMiller Centerにてスタートアップのメンターを務める傍ら、Startup Chileにて審査員も務める。シリコンバレーでのスタートアップ経験があると共に、大学講師として、メンターとして、審査員として活躍するDr. Chait.より直接英語での指導を受けることにより、この地でしか出来ない指導を受けることが可能となる。

Erik Bakke 「Intensive English Program」

Educator at Menlo College and artist at erikbakke.com

キーワード:プレゼン、英語、コミュニケーション
概要:Menlo大学のライティングセンター、および外国人のための集中英語プログラムディレクター。主に、わかりやすい自己紹介ピッチを実践しながら学ぶ。またアーティストとしての才能も持ち合わせ、自身のサイトに作品を展示している。 erikbakke.com

Dr.Bruce Paton  「Design Thinking Workshop」

Professor at Menlo College

キーワード:デザイン思考、イノベーション
概要:サニーヴェールサスティナビリティー委員会の議長として、そして、経営戦略と環境や管理学習と教育のための編集委員会のメンバーでもある。彼は、HPで教育と環境管理プロジェクトに取り組み、スタンフォードビジネススクール入学部長を勤めていた。サステイナブル・シリコン・バレー取締役会議長を勤め、モンテレー・インターナショナルスタディー研究所のフィッシャー・インターナショナルMBA Program長を勤め、そして、Rolltronics社(シリコン・バレー・スタートアップ)の執行役員でもある。環境科学学士保持、スタンフォード大学MBA、カリフォルニア大学(サンタクルス)からの環境学科の博士号取得。今回の授業では、新設されたInnovation Center(予定)を利用したSVJUオリジナルデザイン思考ワークショップを開催。

Gideon Marks 「Funding 101」

Anchor Mentor at Google Launchpad Accelerator

キーワード:イノベーション、VC、イスラエル、起業
概要:イスラエルとサンフランシスコのハイテク産業にて財務、ビジネス&コーポレート開発における管理職として勤務。この間、3つの企業をNASDAQにて上場させ、4企業をM&Aへと導き、多数の企業の成長させ、VCや民間からの資金集めを獲得。プライベート投資家として多数のスタートアップを成功に導いた。現在Google Launchpad, Plug and Play, Mind the Bridge , The Vault 、日本(JETRO, NEDOなど)、韓国、タイ、イスラエルでのメンターをする傍ら、コーチングや世界中での講演も実施。直近ではWorld Cup Startup Greeceのゲストスピーカーに。 子供達がスタートしたDogLogの監修もしている。www.doglog.app

講師/授業テーマは随時更新します。
トップ   プログラム内容   募集要項   よくある質問   参加者の声   講師陣一覧   問い合わせ   申し込み