Silicon Valley Japan University
第18・19回 Study Tour Summer 2019


「自分のイノベーション」を起こす6泊7日のプログラム

「イノベーション」とは「技術革新」と捉えられる場合がよくあります。

しかし「イノベーション」には「意識改革」と捉える見方もあるのです。

シリコンバレーでは、「人と違った見方」「昨日の自分と違う見方」の出来る人が集まって、日々多くの「イノベーション」が起きています。 そんな、刺激のある人・仕組み等に出会える場所を提供するプログラムです。

プログラムの中では、刺激を取り込む「コミュニケーション力」をキーワードに、「自分のイノベーション」を起こすお手伝いをします。

SVJU 第18・19回 Study Tour Summer 2019

インタラクティブな少人数授業

一週間という短期間ながら、イノベーションの聖地であるシリコンバレーで、自身の人間力やチャレンジ力を高められるプログラムです。 どんどんやりたいことを発言して ”自分のプログラム”にしてください。

個々に合った”プレゼン力”を鍛える

これまで多くの学生・社会人を見てきた”プレゼンのプロ”が、参加者個人に見合ったプレゼンのスタイルを伝授いたします。

シリコンバレーで活躍する日本人とのネットワークを構築

SVJU講師陣は、シリコンバレーの第一線で活躍しているメンバーです。将来的に起業家や投資家を目指している人や、IT、バイオ等のハイテクの分野で働きたい人にとっては視野を広げるまたとない機会です。

学歴・年齢・英語力不問!

応募資格は高校生以上なら誰でも!「SVJUって何?気になる!」という人から「この夏、ライバルに差を付けたい!」という人まで、誰にでもチャンスがあります。ご応募はお早めに!

本学は、以下の人間力を身につけ、真のグローバル人材を目指す教育を行います。

【見識力】
自分で考え、自分の意見を持ち、外に向かって発言する力

【日本力】
日本の優れたところを理解し、まわりに説明する力

【世界力】
多様性を身に付け、異文化の人と付き合う力

【T型人間力】
自分の強い専門を持ち、同時に幅広い知識をつける力

【革新力】
常識にとらわれず前進する力

Overview -概要-

【第18回】
日程: 2019年8月18日(日)~8月24日(土) 
応募締め切り:2019年7月20日(土)24時(日本時間)
【第19回】
日程: 2019年9月8日(日)~9月14日(土) 
応募締め切り:2019年8月11日(日)24時(日本時間)

応募対象:高校生以上 
募集人数: 30名 (先着順)
参加費: $2,000

=参加費に含まれるもの=
研修費用(事前課題含む)、ホテル宿泊費、移動用貸切バス代、懇親会会費

=参加費に含まれないもの=
ホテルまでの往復渡航・移動費、食事代、現地での移動費用(バス以外の時)

※事前研修: 募集締切日からプログラム当日までの間、参加者同士の自己紹介、参加者のプロフィール集作成、訪問先および講師についての予習、グループに分かれてのプロジェクトなどをオンラインベースで行います。また日本国内での事前講義、スカイプによる参加者および主催者間の事前ミーティングなども検討しています。これらの準備により、シリコンバレーでの1週間のプログラムに万全の体制で臨むことができ、また最大限の学びを得ることが可能になります。
*キャンセルについて (日本時間基準)
プログラム開始日1ヶ月前まで・・・プログラムフィーの20%
プログラム開始2週間前まで・・・プログラムフィーの50%
プログラム開始2週間前以降・・・100%

Schedule案

●第18回 8月18日(日)~8月24日(土)

1日目  ホテルチェックイン、オリエンテーション、親睦会
2日目  講義×2コマ、プロジェクト
3日目  講義×2コマ、デザイン思考ワークショップ@Menlo College、VR Game体験
4日目  講義×2コマ、プロジェクト、プレゼン中間発表
5日目  スタンフォード大学ツアー、Vasper社訪問@NASA、GoogleやAppleなどのビジターセンター
6日目  講義×1コマ、プレゼン最終準備、最終発表、ミートアップ
7日目  現地解散


●第19回 9月8日(日)~9月14日(土)

1日目  ホテルチェックイン、オリエンテーション、親睦会
2日目  講義×2コマ 、Vasper社訪問@NASA、プロジェクト
3日目  講義×3コマ、デザイン思考ワークショップ@Menlo College
4日目  講義×2コマ、プレゼン中間発表、プロジェクト
5日目  スタンフォード大学ツアー、Triple Ring訪問
6日目  講義×1コマ、最終プレゼン準備、プレゼン最終発表、ミートアップ
7日目  現地解散

Stay -宿泊先-

Draper University

シリコンバレーの著名なベンチャーキャピタルファームDraper Fisher Jurvertson (DFJ)の共同創業パートナーの一人であるTim Draper氏が設立した、青年向けの「起業家の卵」養成学校。以前はホテルだった建物を改装し、サンマテオのダウンタウンに佇む施設。参加者の皆さんには各部屋3人ずつ泊まっていただきます。

Draper UniversityのWebサイトへ(英語のみ)

President -学長紹介-

桝本 博之

B-Bridge International CEO, Founder
Silicon Valley Japan University 学長

日本の大企業での経験、アメリカのベンチャーでの経験、アメリカでの大企業での勤務経験を活かし、米国でベンチャー創業。学生時代から海外に興味を持っていた者が、あまり得意とは言えない英語を駆使して国際的なコミュニケーションを図り、如何にベンチャーの聖地であるシリコンバレーで働くに至ったかの経験談を元に、如何にして人間力を養うかを考察する。


SVJU -過去のプログラムの様子-

プールサイドにて

デザイン思考ワークショップ

現地起業家訪問

現地イベント参加

For Who -こんな人にオススメ-

  • シリコンバレーで”プレゼン力”をつけたい!
  • 変わりたい、でも何をすればいいかわからない!
  • 好奇心と熱意だけは誰にも負けない!
  • シリコンバレーでネットワークを広げたい!
  • 自分のアイディアのフィードバックをシリコンバレーで受けたい!

Q & A -よくある質問-

Q
英語力は必要ですか?
A
講義は日本語中心で行いますので、基本的には必要ありません。一部授業は英語で行われますが、高度な英語を話せる必要はありません。なお、将来のSVJUの本科目では、日本語から英語に徐々にシフトしていく方式を予定しています。
Q
シリコンバレーってどんな場所ですか?
A
ハイテク産業や新規ビジネスを起こす上で世界で最も環境が良いとされる場所で、世界中から起業に関わるヒト、モノ、カネが集まっています。この場所で起業し、世界的に有名になった企業も数多くあります。
Q
現地ではどんな企業を訪問できますか?
A
現在調整中ですが、Apple、Google、Facebook、Teslaなど、シリコンバレーを代表する企業の中から選んで訪問する予定です。
Q
IT系・理系の学生でなくても大丈夫ですか?
A
"シリコンバレー" = "ハイテク産業"と思われがちですが、様々な業種の企業があり、理系・文系に関わらず多様な専門分野の人たちが働いています。そのため、今のあなたの専攻はシリコンバレーでの学びには関係ありません。
Q

空港からホテルまでの移動が不安です。

A

フライト日程が決まりましたらお知らせください。相談にのります。

Q
英語力は必要ですか?
A
講義は日本語中心で行いますので、基本的には必要ありません。一部授業は英語で行われますが、高度な英語を話せる必要はありません。なお、将来のSVJUの本科目では、日本語から英語に徐々にシフトしていく方式を予定しています。
更に質問があるという方は、SVJUのFacebookページよりメッセージで、
あるいは下記のリンクボタンよりメールでお問い合わせください。

<お問い合わせ>
Silicon Valley Japan University 事務局
3350 Scott Blvd., Suite 29. Santa Clara, CA 95054

website:  www.svju.org                             e-mail: contact@svju.org

トップ   プログラム内容   募集要項   よくある質問   参加者の声   講師陣一覧   問い合わせ   申し込み